釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     

刺しえさのつけ方


サシエの付け方はいろいろな方法があります。

グレの喰いの良い日はどんな付け方でも喰ってきます。しかし、喰い渋りの日にはチョットした工夫で喰ってくれることがあるので、ボーズか50センチ釣ったぞ~の違いが出ることがあります

 


1)オーソドックスな付け方
尾羽根を取って尾の方から腹に向けて刺します。ハリ先は少し出した方が良いように思います。

2)背掛け
尾羽根を取って尾の方から背に向けて刺します。遠投しても取れにくい刺し方な ので、沖がポイントのときに良く使います。

3)胴の部分だけ付ける方法

ハリの大きさ程度に尾と頭をちぎって使います。
頭だけ取られるような少し喰い渋りのときに良い付け方で一番良く釣れる付け方だと思います。


4)頭だけちぎり尾羽根は付けたままの付け方。

頭の方から刺して、尾羽根のところへ針先を入れる。
この方法は取れにくく遠投が効きます。また、誘った時に尾羽根が開いたり閉じたりするので、アピールとなり良く釣れる付け方です。水槽実験で見つけた付け方で、尾長狙いで良く使い効果も出ています。



5)2匹抱き合わせ

オキアミを2匹抱き合わせて付けます。
尾長グレの喰いが良い場合は良く釣れる刺し方です。

大きいオキアミを2個使い。最初は1)の付け方で普通に付けます。

2匹目は背の方から刺し尾に抜きます。



喰いが渋いときは、Sサイズの2個刺しが良いときがあります。
私はこの付け方を多用します。好きな付け方です。理由は良く釣れるからです(笑)


 

6)剥き身

オキアミの剥き身だけを使う付け方です。
頭を取って尾の方からチューブを絞るように押すと身が出てきますので、その身を刺します。
大きいのは1匹だけでもいいですが、小さめのものは2個刺します。
水温低下で、エサトリが居なくサシエが残りっぱなしのときに良く試します。
小さなハリ(3号くらい)にSサイズの剥き身だけを2個刺しにすると食わなかったグレも喰うことがあります。



他にも付け方は沢山あると思います。いろいろと試してみてください。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
ベタ凪での釣り方・・・・・
Top of contents Next
撒きエサと刺しえさの合わせ方。餌とりが多い場合など・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop