釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     

水槽実験

仕掛けを流して側部から撮影したものです。
少し見にくいですがお許し下さい。



自分の流しているハリスを横から見る機会はないですよね。

この写真を見て参考にしてください。
案外思っていたのと違っていたり・・・ 。


ハリスの中央にシズ「B」を打った場合です。


シズのところでハリスが折れ曲がっているのが確認できます。

うまく流したつもり(右の写真)でもシズが分かります。魚にも分かるのかな?

水槽の底からサシエの流れ方を見たことがありますが、折れ曲がりもシズもクッキリ見えたよ。

2段シズ(G2を2ヶ打ち)

シズのところでハリスが折れ曲がっていますが、刺しえさまで、比較的直線になっています。

仕掛けを流し始めると、仕掛けが立ってきます。

アタリが出易い状態ですね。


完全ふかせ

ウキを止めるとこのようにかなり潮下にサシエがふけます。

サシエやハリの重さにもよるのだろうけど、

結構放物線を描いているんだね。
少しだけ張って流したときもハリスって湾曲するのです。

張らないでどんどんとウキを送って行くとまっすぐになっていきます。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
仕掛けの流れ方ー1
Top of contents Next
初めての磯で釣果を出すためには・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop