釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     



<キャスティング>

アオリイカ釣りを楽しむには色々な方法がありますね。

一つは昔からのエギングで、キャスティングとも呼ばれている方法です。

おかっぱりと呼ばれる堤防や護岸、筏からエギをキャストして釣る方法もそうです。
ボートでは、風により流されるところが違いです。

風の無い日のキャスティングは、ポイントと思われる、岩礁帯や掛け上がり、磯周辺へエギをキャストして海底へ着底させたら数回シャクリを入れて、またフォールさせます。

ラインを少し張りながらフォールさせるテンションフォールや、ラインを緩めてエギを自然にフォールさせるフリー(ナチュラル)フォールなどがあります。

他にも少し落としては指でスプールから出るラインの出を止めたり出したりとサミングさせながら落とす方法もあります。  

春はウイードと呼ばれる藻場にイカが産卵で集まってくるので、その浅いウイードがターゲットになることが多いです。
水深も5〜6mでヒットすることがあります。

ボートの上からスリットと呼ばれる藻と藻の間のピンポイントへエギを落として底からエギをシャクリ上げてアピールするのが効果的です。エギは3.5〜4号を使うのが基本です。

風のある日は、ボートが風下へドンドンと流されてしまいます。風上にエギをキャストすると、かなりラインを出さないと底が取れないので、とんでもなく遠いポイントで底がやっと取れることになります。



よって、風下へキャストしてボートにエギが沈みながら寄ってくる感じで沈めると底へ沈ませやすくなります。
普通はボートの舳(船首部)から斜めに風下へキャストし、ボートの下をエギが通らないようにします。 船尾も同じようにします。

よって船首に2人、船尾に2人がローテーションして攻めると釣りやすいです。
エギがボートから風上に流れていく頃に海底に着底するのが理想で、風上へ流しながら、シャクリとステイ、フォールでアピールさせます。

爆風と呼ばれる強烈な風の時はオモリを追加するかティップラン用の30グラムほどの重たいエギを使ってもいいかと思います。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
第3回 「新しい道具が欲しくなったら・・・」
Top of contents Next
エギング/ティップラン


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop