釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     
「大型をバラすには・・・」

 


1)細仕掛けで挑むと・・・・

これは当たり前の話だが
尾長グレの40センチオーバーや、サンノジなど良く引く魚が多い場所で
1.5号などの細いハリスを使っていればバラして当たり前です。

バラしたければ細いハリスで挑みましょう(笑)


2)ラインが出て行くままに糸を出すと・・・

一気にラインが出て行く大型をかけたら、糸が切れるのが怖くてドンドンと糸を出しましょう。
そうすれば、根に潜られたり、根に擦られたりしてバラしますよ(笑)


3) 糸を出さずに強引にやり取りすると・・・

今度はバラサナイぞ〜 と 「お〜りゃあ!」と気合を入れて合わせて強引に竿を立て、
糸をまったく出さなければ一瞬で仕掛けは切れてしまいます。

竿の弾力があるといっても限界があるのです。


4) バランスの悪い道具で挑みましょう。
磯竿の1号に道糸4号、ハリス3号で挑む?

また、磯竿2号に道糸1.5号、ハリス1号で挑むと、
やはりバラす確率が増えるでしょう。  


結論は、バランスの良いタックルで、そこそこの強い仕掛けで、糸を出す時は出す。

止めるときは止める。そして魚がこっちを向けが強引に素早くリールを巻き取ることですね。
でも、取れない魚は取れないです。


太い仕掛けで挑み、取れる魚を取り込み、魚釣りを楽しんでくださいね。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
こんなことしていたら釣れないよ(;_;)/~~~
Top of contents Next
第3回 「新しい道具が欲しくなったら・・・」


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop