釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     
シズの打ち方による仕掛けの流れ方

理想の形はサシエが先行して流れることです。その為に適度にウキにブレーキをかける訳です。

ジンタンシズの打ち方も工夫して確実にサシエがグレの棚に届けることも大切です。

極力ハリスがまっすぐになるようにするには、大きなシズを1ヶ所に打つより、小さめのジンタンシズを、多段に打つ事をお薦めします。
ちなみにハリスに打つジンタンシズは、上と下が違う場合、次の様な特徴があるので知っておいてください。

(水槽での観察より)例えば上に2B、下にG3(ジンタン3号)をハリスに等分に打ったのと、逆に下に重たいのを打った場合の比較です。

流れの中で仕掛けにブレーキを掛けたとき、下に重たいシズを打った方が、針は底に沈んでいます。しかし、そのオモリのところで角度が大きく屈折しています。

sikake1 水槽で実験した結果です。
下に重たいシズを打つ方がサシエの位置が下になりますが、そのオ モリのところでハリスに角度が付く。










G3程度の小さいシズを多段に打つとハリスは直線に近づく。


ウキの送り方(ゼロ釣法)
sikake2

まず表層流や風の影響のない層まで沈める(1?3)

ポイントまで浮かずかつ沈み過ぎない様に微妙に道糸の送りを操作して流す(4?6)

そして、ポイントと思われる場所で送りこむ(7?8)






2段ウキの場合(2段ウキのゼロ釣法)
sikake3

2段ウキの場合は、ジワジワとアタリウキを沈めていくのがコツ。

親ウキは左の図の様に表層流を避けて沈めるのが理想だが、サラシやヨレ、風などがなければ浮かべていてもよい。









2段ウキによる多層狙い
sikake4

2段ウキのゼロ釣法ならではの攻め方。応用編とも言えるが、

第1の棚までジワジワとサシエを沈めて、その棚を少し流す。

アタリが出なければ糸を送り込み第2の棚を攻める。

そして、第3、第4とサシエが残る限り深い棚を攻めて行く。




激流の中での仕掛け
sikake5

口太狙いは1号か2号鉛でどんと沈めてやる。

尾長はウキを沈めて、 ウキで潮を捉える。どんどんとウキを沈めていく。
ウキにブレーキをかけると図の様にハリスが横にふけるが、 尾長はそれで食ってくる。

 

 

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
フカセ釣りの基本
Top of contents Next
仕掛けの流れ方ー2


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop