釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     

初めての場所で釣果を出すには・・・

始めての場所でふかせ釣りをする場合。初めての場所でいい釣果を上げるためには

初めて渡礁する場所では、どこへ立ったら良いのか、どこから仕掛けを入れたら良いのか、などなど悩みますね。

そこで、

1) 船着きを釣れ

船着きは比較的磯際から水深がある。また足場が良いものです。

寒グレ期は足元から水深がある場所を選ぶべきで、船着きはそういった深い場所が多いものです。足場も比較的良く取り込みやすいですね。

2) ポイントの地形を探れ

磯際の底がどうなっているのか、沖に沈み根などがあるか。などなどを確認します。

低い磯では分りにくいが、少しでも高い場所に上がり海の底を覗きます。逆光の場合は、少し横に移動して斜めに海を覗いてみます。<

3) 水深を計れ

ポイントの深さが非常に重要になります。目で見て磯際はかなり深く見えていても竿1本もないことが多々あります。

ハリに4~5号のオモリ(私はビニールが被ったオモリのビニールにハリを刺します)をハリに付けて棚取りをします。

磯際は竿1本でも10m沖から竿2本に深くなっているとかが分ります。ポイントは磯際でなく、その深くなっている掛け上がりです。


4) 磯着けするときに底を見ろ

3)と関係しますが、船から底を覗くと案外シモリや深い海溝などが分ります。

磯から見えるシモリなどは海面の光の屈折で実際より近く見えてしまうので、シモリの向こうを釣っているようでも実際にはシモリの上を釣っていることが多いです。

横から人の仕掛け位置を見ると良く分るものです。

船から見ると下に見えるので磯からの距離が正確に分ります。船のトモの下にシモリのカドがあるなど、船の長さの位置を攻めようなど具体的な距離も分りますね。

5) 常連さんと仲良くなれ

どこの地域でもそこに多く通う、または、そこしか通わない常連さんが居ます。はずかしがらずに話しかけて、仲良くなりましょう。そして、初めて上がる磯でも事前に情報を得ていればポイントを絞り込みやすく短い時間で結果が出ると思います。

初めて上がる場所も怖くなくなりますよ。むしろ、ワクワクと楽しいかも。

良型のグレ。冬寒グレ
では頑張ってください。

大谷 善正

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
仕掛けの流れ方ー2
Top of contents Next
ベタ凪での釣り方・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop