釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     
スレたチヌ釣りのワンポントアドバイス


チヌ釣りワンポイントアドバイス1)棚を間違えるな!

チヌは棚が深い・・。というイメージがありますが、どんな場所でも深いとは限りません。


棚を深く・・・。ではなく、底ギリギリに(も)底釣るのがコツです。

例えば水深が4ヒロの場所では4ヒロ近く、水深が2ヒロの場所では1ヒロ半で食うこともあります。




2)サシエの落とし方に注意!

チヌは大きなシズを打って仕掛けを安定させる・・・。という釣り方は古い。


最近のスレたチヌはグレを狙う感覚でサシエを自然にジワジワと落とした方が食いが良いです。


数を取りたいのなら逆にエサをゆっくり落とすことに心がけること。



3)釣れる場所は限られない!

チヌが釣れる場所は限られると思いがちだが、昨日釣れた場所で今日も釣れるとは限らない。


確かに実績場を攻める必要があるが、撒き餌の届く範囲なら広角に、際から大遠投まで試すことが必要。

磯際で食わずに大遠投の浅棚で2桁釣れることもある。



4)竿は柔らかく!取り込みも柔らかく!

50センチを超える年なしは重量もありグレを狙う感覚で・・・。と教えられたこともあったが、
竿は磯竿の0.5号くらいが丁度良い。硬い竿だと暴れるが柔らかい竿だと早く浮くようだ。

胴に粘りのある竿がチヌに適している。


5)エサは多めに!

エサの切れ目が縁(チヌ)の切れ目だ。グレ釣りでは6キロもあれば十分だが、
チヌの場合は配合エサも入れて10キロは用意したい。濁り効果で集魚効果が増す。

サシエサも3種類は用意する。生、くわせオキアミSPのMとL、くわせオキアミ半ボイルなどだ。

これから水温が上がりエサトリが増えるとアケミの丸貝も居る。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
住澤エギング名人から、春のアオリイカについて教えていただきましたよ!
Top of contents Next
イサキの釣り方1,2,3・・・4


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop