釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     
尾長グレの釣り方



5月、いよいよ半夜釣りの開始。そして、尾長グレの季節ですね この時期は、大型も出ます。離島では尾長専門で狙うのですが、紀東でも専門に狙ってみても面白いと思います。

さて、まず仕掛けですが竿は1.5号クラス、ラインは2~2.5号、ハリスは2.5~3号を使います。
尾長は針を飲み込まれるとハリスがプツンと切れやすく、違和感を感じたときに逃げる(泳ぐ) スピードが速いので、合わせた瞬間にプツンと切れることが多いです。
2号くらいのハリスでは一瞬で切れます。
よって3号くらいを使うことをお薦めします。


話は変わりますが、神津島の恩馳(おんばせ)というところで、ハリス4号では食わないので3号に変えた途端に当たりは連発しましたが、連発で合わせ切れでした・・・・。45センチクラスになると3号くらいでも一瞬です。特に伊豆方面の尾長は歯が強い(ヤスリ状が鋭い)と聞きました。

次にエサです。尾長狙いは沖を攻めることが多いので遠投が可能な生オキアミに配合入りが断然有利です。


熊野方面の遊木磯で、我々は尾長狙いでオキアミ生を6キロに、配合を1袋入れてガンガン遠投して40センチクラスを2人で8匹ほど釣りましたが、周囲に5~6人居たボイルエサの方は可哀想に全員ボーズでした。


エサトリが多い季節となりますが、磯際やサラシに撒き餌を効かせて、仕掛けをその沖や沖の潮目、流れの中へ遠投します。

案外沖はエサトリは居ないことが多いです。特に尾長が回遊しているときで、尾長の活性が高いときは先に尾長が食ってきます。


仕掛けは少し大きめのウキで、 流れがあるときは00号のウキをジワジワと沈ませていきます。

ラインを張り気味にして流れに送ってやります。
サシエが先行の形を意識し、棚は2ヒロや3ヒロでなく、サシエが残るなら竿1本半~2本と深く送りこいます。
感ですが・・・。 ポイントがかなり沖なら、時間をカウントしたり、ラインの角度で深さを想定します。ウキが見える範囲ならラインに付けた目印 (ウキ止め糸でも良い)を見て送っていきます。

私はEXの00号を使うことが多いです。

送り込んだら、ジワーという感じで竿を立てて誘います。
そしてまた送り込んでいきます。誘った後に送り込んだ途端に当たりが出ることが多いです。
一度棚が取れて誘った後は要注意です。


ウキを沈ませるので当たりは竿先やラインの出で見ます。リールのベールは起こしておき、絶対にフリーにしておきます。


以前、遊木の高麦で、うっかりベールをそのまましして、一気に当たりがあり、レバーを握ってしまった一瞬でプツンしてしまいました。


魚がかかったら慌てずに少しラインを出します。強引にやりとりすると魚は余計に暴れます。竿を立て過ぎると磯際へ突っ込まれます。
横に寝かせて魚を沖に出しながら浮かせるのがよいでしょう。

際まで寄せても油断してテンションを緩めると際に突っ込まれてバラシます



では頑張ってください。

 

 

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
半夜釣りでの注意点・・・・・
Top of contents Next
撒き餌の作り方・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop