釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     
半夜での注意点



半夜での注意点

半夜と言っても、昼の日差しが一番強いときの出港となり、一番暑い時間帯からの釣りとなります。
荷物の移動やエサの準備など、それこそ汗だくだくで挑む日もあると思います。


よって、まずは水分不足(脱水症状)による熱中症にならないように注意して下さい。
脱水症状をおこしてからでは遅いので磯へ上がる前に水分を補給しておくのが良いようです。

余るくらいのスポーツドリンク持参が良いと思います。暑い日が予想されるときは1リットルかそれ以上は必要です。
紫外線も海上では強くなります。


聞いた話では、都会(コンクリートジャングル)での紫外線の照り返しは10パーセント程度ですが、
海上では凪ぎの時で30パーセントくらいで、波のある日は100パーセントになるときもあるそうです。
日焼け止めを塗るなどお肌のお手入れもお忘れなく(笑)



さて、釣りの話ですが午後3時頃から5時半ころの好時合を逃さないように3時頃までに感度の良さっそうな場所を探しましょう。

撒き餌を入れてエサ取りの様子や、仕掛けを入れて少しでもサシエが底で残る場所を見つけていきます。


梅雨には少し早い季節ですので、磯際の朝棚よりも沖の深場が良い季節です。 まったくサシエが取られない場所よりも一応棚は取れるがサシエが取られたり頭がか じられる場所に決めます。


サラシやヨレの先、シモリの近く、海溝、沖の潮目などに注目します。


午後3時を回ったら撒き餌を絶やすことなく磯際に入れ、エサ取りの様子を伺います。
磯際のエサ取りが消えたらチャンス。磯際へも仕掛けを入れてみます。


沖を攻めるときは、多めの撒き餌を磯際に、ウキの少し手前あたりに小さいカップ1杯程度と少し少なめの撒き餌を飛ばします。


半夜では夕方の時合にグレ以外の大型(タマミやコロダイ、イシダイやイズスミなど)もヒットすることが多いので仕掛けは太めが無難ですね。


イサキも夕方に良くヒットします。イサキを狙う場合は、尾長狙いの00のウキを3ヒロ~4ヒロとジワジワと沈めますが、当たりが出ないときは、思い切って3Bや5Bなど浮力のある大きめのウキで、ウキ下を竿1本半から2本と深くして沖の深場を攻めてます。


時合となると竿1~2本先を3ヒロ程度で流してもヒットするときがありますので、一気に深くするのでなく、3ヒロ程度でアタリが出ないときは徐々に深く、徐々に沖へ仕掛けを出します。
イサキ狙いはサシエは大きめを付けます。


かなり昔53センチのイサキを釣ったことがありますが尾長と間違う迫力です。釣りたい!(笑)

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
棚の見極め方・・・・・
Top of contents Next
尾長グレの釣り方・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop