釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     
半遊動釣法(その1)


前回は、潮の流れや攻める場所でのシズの打ち方をアドバイスいたしましたが、
今回からは実際の釣り方を解説します。


その1、「半遊動釣法」とは、

その名の通り全遊動でも遊動でもない中途半端な釣法です。

つまり、全遊動の良いところと遊動の良いところを備えた仕掛けを使って、そのときそのときで竿操作により、攻める場所や状況にマッチした仕掛けに対応していく釣り方なのです。

仕掛けは、道糸に目印を付けて、ウキの下には視認性の良いナビを付けます。

静かな海の時はジワジワとナビを目で追いながら沈めていき、ナビが海面下深く沈み見えなくなったら道糸の目印を見ながら沈めていきます。ある程度沈んだら竿を寝かしてウキを少し海面下に沈ませ(道糸を張ると沈む0αか00のウキを使うこと)て流していきます。

道糸をウキの上で折れ曲げれば遊動仕掛けと同じように、ウキ止め糸で棚を決めた仕掛けとなり、微妙に道糸を操作してウキ(中通し)の穴をスルスルと送っていけば全遊動と同じ仕掛けになるわけです。
磯際や少し波気のある日には道糸をウキの上で折り曲げて使い、静かな日や棚が不明でドンドンと深く入れたい場合は竿先を空に上げて道糸を真っ直ぐにしてウキの穴へ通して行く感じで落としていきます。


ウキの抵抗はゼロに近く、食い込みが良いし、目印がウキ止め糸代わりになるし、釣り方次第ですが究極の仕掛けだと自負しております。


私は、昔にファジーサスペンド釣法を編み出しましたのですが、それに近い釣法でもあります。


ファジーサスペンド釣法とは、微妙に海面下へウキを沈ませながら、ウキがあるか無いか分からないように操る釣法で、サスペンドラインを使いますが、この半遊動釣法はフローとラインの方が操作し易いと思います。


是非試してみてください。図が無くて分かりにくいかもですが、釣り雑誌などでも詳しく紹介していますし、またこのブログに図が書けるように勉強して紹介したいと思っています。とりあえず写真の仕掛け図(図を写したもの)を参照ください。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
シズの打ち方その2(磯際と沖)・・・・・
Top of contents Next
風が強い日の釣り方・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop