釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     

シズの打ち方その2(磯際と沖)


今回は磯際を攻めたり沖を攻めたりポイントを変えたときのシズの変更などを書いてみます。

 (私が使っているシズはやまわ産業さんのゴム張りガン玉です)

 
1)磯際を攻める場合は、海溝と同じように ハリスに多段打ちがいいと思います。

シズの大きさはサラシやヨレで仕掛けが際から離れていってもウキを引き付けたときに仕掛けが浮き上がらず際から離れずにいてくれる重さのシズを目安にします。足らないシズはハリスの上の方に追加していきます。


例えば、ハリスの上の方にジンタン1号、中央にジンタン3号を打ったとします。

ウキ下5ヒロほど沈んだが、ウキを磯際にひきつけても4ヒロくらいまで浮いてしまう場合は、ジンタン1号の下にジンタン4号を足してみます。

まだ足らなければ更に4号を追加します。ポイントをサラシから外した場合はシズを外していきます。

ウキは棚が取れたらウキがジワジワと入っていく浮力サイズを選択します。


2)沖を攻める場合は、ハリスの上の方にジンタンシズを打ちますが、ハリスウキがジワジワ沈んできちんと攻めたい棚に沈んでくれる重さのシズを選びます。

竿下を攻めるときより少し大きめ(重ため)でないと仕掛けが沈まないことを頭に入れてください。
沖はハリスウキの沈みが見難いのでキチンと沈んでないことが多いです。自分では沈んでいるつもりでも横から見ると全然沈んでないことがよくあります。


静かな場所ではジンタンシズの5号程度で十分入る場合もあります。
サラシの先を攻める場合はBや2Bを打たないと入らない場合もあります。
釣り場(ポイント)によって的確なシズを選択することが間違いなく釣果アップにつながります。


ウキ下が5ヒロ以上でないと食わない冬場に3ヒロや4ヒロでエサを流しても釣れません。


では頑張って下さい。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
シズの打ち方その1(海溝編)・・・・・
Top of contents Next
半遊動釣法(その1)・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop