釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     

ベタ凪での釣り方・・・・・・・

ベタ凪ぎで、浅い場所では底が見えるようなときは、グレの食いも渋く難しいですね。

そんなときの戦略としては

1)静かに釣る

 ピーカンのときはグレは警戒心が出て容易くエサをしないことが多い。

よって

  ・磯際に出ないで一歩下がったところを足場として攻める。

  ・撒き餌も固まりをドバっと入れないで、拡散したものをパラパラっと入れる。

  ・仕掛けもサシエから静かに入れていき、ウキもソーと海面に置くくらいの気を使う。

2)少しでも深い海溝しか攻めない。

 ピーカンのときはグレは浮かないことが多い。よって

 ・磯際を捨てて沖の海溝を狙う。(磯際が竿2本以上と深い場所で実績がある場合は磯際も良い。)

 ・普段攻めないような遠投のポイントを攻める。

  干潮時にもこの戦略は良いです。

3)潮をとらえて釣る。

 ピーカンのときでも潮さえ良ければ口を使うので、潮の動きを把握する。際では動かないが沖では動いている場合もあるので、広範囲に目を向ける。

 ・潮裏、潮表は捨てて潮筋を探して攻める。

 ・潮が動き出したときに集中する。



4)シズを打たずに軽い仕掛けで攻める。

 撒き餌と同じように落ちてくる、また流れてくるエサしか反応しないときがある。よって

 ・サシエはゆっくりと撒き餌が落ちるくらいの速度で落としていく・

 ・ハリスは2ヒロ以上はふかせる。(3ヒロとったらシズは上の方だけに付ける)

 ・サシエ先行の形を常にイメージしながら仕掛けを送っていく。

 まだまだ他にもあると思いますが、とりあえず以上の4か条を試してみて下さい。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
初めての磯で釣果を出すためには・・・
Top of contents Next
刺しえさによって釣果が・・・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop