釣り好き(つりすき)ドットコム
フカセ釣りの基本
グレ釣りアドバイス
釣れない、失敗談のアドバイス
アオリイカのアドバイス
その他の釣りアドバイス
     

風の強い日の釣り方

冬型が強く立ってられないような日がたまにあります。
そんな時にまで竿を出すことはないでしょうが、風裏のポイントでも風が回りこんでくる場合もあります。
風が強い日はやっかいです。

しかし、考えようによっては波気がありグレの活性は高まります。ピーカン(ベタナギ)の時よりは少し風があってザワザワした時の方が良い時があります。

まず、風向きを釣ることです。

風を横から受けると道糸がふけてポイントから仕掛けがずれます。

普通、風が来る方から波がくるので、払い出しも沖に伸びることが多いです。風をまともに受けるのは辛いですが、釣れるのはその方向です。

風下でもいいですが、その場合は風で沖に仕掛けが余分に出て行くのを注意します。

竿先を海面まで下げてラインが風でふけないようにします。

ウキは海面下30~50センチは沈めます。

風がある日は「表層流」と言って、風による流れが出来ます。その流れは海面下せいぜい30センチほどです。
よって、その層の下へウキを沈めれば表層流の影響を受けずに本来の流れにマッチします。

もちろん海面上にウキを浮かべていては風にウキが流され、ラインもふけてポイントを外れます。

ウキは通常よりもマス(体積)の大きいものを使います。
つまり大きくて重たいものです。仕掛けを飛ばしやすい理由だけでなく、潮をとらえやすく、風に負けないためです。
小さくて軽いウキは風でラインが引かれると潮筋から外れてしまいます。
潮筋や撒き餌の筋から仕掛けが外れるとグレは釣れません。

風を克服することでグレを手に入れましょう!では頑張ってください。

風に強い、大谷ウキ大

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Previous
半遊動釣法(その1)・・・・・
Top of contents Next
水温低下時のグレ釣り・・・・・・


 
     
大谷よしまさのフィッシングアドバイス
釣り好きドットコム
オフィシャルブログ
大谷よしまのフィッシングワ−ルド

ボートエギング案内 

キャスティング編

ティップランエギング



広  告

フィシングワ-ルド       お気に入り

 

魚魚クラブ通信

釣り好きドットコム/尾鷲、熊野の方面の磯釣り、エギング、ジギング、堤防釣り、波止釣りの釣果情報、釣り情報のブログ
pagetop